Exhibition

About my photo exhibition

In 2021, I held my first solo exhibition at the Yonago City Museum of Art with the assistance of Tottori Prefecture. I was aiming for high-definition photographs that could withstand large prints, so I wanted to exhibit them in large prints, so I wanted to display a 44-inch (1118 mm) wide roll paper printer and a 1600 mm wide cold laminator (panel) at home. We introduced a pasting machine) and remodeled our garage into a printing studio. Since then, we have been holding exhibitions centered on B0 (1.5m x 1m) and full-size (90cm x 60cm) works.

[Future Photo Exhibition]

2022 July-August, Tottori Prefecture Kofu Town & Kofu Town Board of Education, Masahiro Hiroike Photo Exhibition

In April 2024, at the invitation of the Polish West Silesia Regional Photographers Association, a solo exhibition at the Ilenya Gura Natural History Museum is planned.

[Photo exhibition so far]

April 2022 Chugoku Electric Photo Exhibition

April 2022 Pictorico Shop & Gallery (Ryogoku, Tokyo) "QUEST-Quest"

January 2022 Tottori Flower Park "QUEST-Quest for Beauty"

June 2021 Nichinan Town Museum Exhibition "Masahiro Hiroike Photo Exhibition"

April 2021 Yusei Encounter Museum Exhibition "Masahiro Hiroike Photo Exhibition"

March 2021 Yonago City Museum of Art, Tottori Prefecture "QUEST-Search for Beauty"


 

写真展について

2021年に米子市美術館で初の個展を鳥取県様の補助で開催させて頂きました。私は大きなプリントでも耐え得る高精細な写真を目指していましたので、大きなプリントでの展示をしたいと考え、自宅に44インチ(1118mm)幅のロール紙対応のプリンターと1600mm幅のコールドラミネーター(パネル貼り機)を導入して、自宅の車庫をプリント工房に改装しました。以降、B0(1.5m x 1m)と全倍(90cm x 60cm)の作品を中心に展示会を開催しています。

 

【これからの写真展】

2022年 7月~8月 鳥取県江府町・江府町教育委員会主催、廣池昌弘写真展

2024年4月 ポーランド西シレジア地方写真家協会様の招待で、イレニャグーラ自然史博物館での個展が予定されています。

 

【これまでの写真展】

2022年 4~5月 中国電力様 ダム・水力発電所写真展

2022年 4月 ピクトリコ・ショップ&ギャラリー(東京両国)「QUEST-探求」

2022年 1月 とっとり花回廊「QUEST-美の探求」

2021年 6~7月 日南町美術館企画展 「廣池昌弘 写真展」

2021年 4~5月 裕生出会いの館企画展 「廣池昌弘 写真展」

2021年 3月 鳥取県米子市美術館 「QUEST-美の探求」